新潟、山形のご葬儀はアークベルのセレモニー 私たちが心を込めてお手伝いさせて頂きます。

事前のご相談は無料 もしもの時も安心です

新発田・胎内地区葬儀の流れ - 葬儀を申し込む
TOPページ > 葬儀を申し込む > 葬儀の流れ > 新発田・胎内地区葬儀の流れ > お斎

仏式

細やかなおもてなしを。私達がサポートいたします。

新発田・胎内地区の仏式ご葬儀の流れについてご紹介致します。
万が一、身内に不幸があったら場合。危篤からお通夜、告別式、火葬、法要(法事)と一般的なお葬式の流れを分かりやすくまとめました。

新発田・胎内地区(葬儀の流れ)葬儀受付 24時間:0120-945921

  1. 1:危篤・臨終に際して
  2. 2:ご遺体の安置と通夜の準備
  3. 3:通夜(通夜振舞い)
  4. 4:出棺
  5. 5:葬儀
  6. 6:引き上げ法要
  7. 7:お斎

7.お斎

還骨

遺骨を迎える 遺骨を迎える「中陰壇(後飾り)」

遺骨と白木の位牌は基本的に仏壇には入れません。 納骨までの間、遺骨と位牌を安置し、遺族・弔問客がお参りするための祭壇が「中陰壇(後飾り)」です。 この中陰壇は、葬儀を自宅以外で行う場合、アークベルによって用意されていることが多いようです。 遺骨と位牌を中陰壇に安置したら、僧侶がお経をあげ、僧侶の合図とともに喪主から順番に焼香をします。 これを「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」と言い、この儀式をもって長かった葬儀が終わりを迎えるのです。

お斎は招待者の労をねぎらう席

本来、還骨勤行が終わったら、お斎の宴席を設けます。 これは、四十九日の忌明けまで精進料理で過ごしてきた喪家が、通常の料理に戻す際の食事を指したものでした。 現在では骨あげ、還骨勤行の前に行われる場合が多く、 お世話になった僧侶・親族・友人・会葬者の労をねぎらう席へと、その意味は変わりつつあります。 宴席は喪主による感謝のあいさつで始まります。 喪主は1人ずつお酒を注いで回り、1時間~1時間半程度が経ったら、もう一度あいさつをし、お開きにします。
地域によってお開きのあいさつがない場合もあります。

喪主のあいさつ

お斎前のあいさつ例

「皆様、本日は故・○○○○の葬儀にひとかたならぬお力添えをいただき、ありがとうございました。 おかげさまで、すべて滞りなく終えることができました。あらためまして、遺族一同を代表して御礼申し上げます。
お口よごしではございますが、ささやかな膳をご用意いたしましたので、お召し上がりください。 本日は、誠にありがとうございました」

お斎お開きのあいさつ例

「本日は誠にありがとうございました。ごゆっくりしていただきたいところですが、 長くお引き留めしてもご迷惑かと存じますので、このへんでお開きとさせていただきたいと思います。 これからも皆様にはお世話になることと存じますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます」

  1. 1:危篤・臨終に際して
  2. 2:ご遺体の安置と通夜の準備
  3. 3:通夜(通夜振舞い)
  4. 4:出棺
  5. 5:葬儀
  6. 6:引き上げ法要
  7. 7:お斎

ご葬儀に関するお問い合わせ事前のご相談を、いつでも承っております。

葬儀のご依頼・ご相談はこちら お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGE TOP