一般的なご葬儀の流れ

キリスト教にはカトリックと
プロテスタントがあり、
それぞれ葬儀の内容も異なります。
カトリックでは儀式に重点をおいて行われます。

※ご葬儀の流れは所属する教会にご確認ください

キリスト教式 カトリックの場合

1

危篤・臨終

カトリックでは、医師によって信者が危篤と判断されたら、親族はすぐにその信者が所属する教会へ連絡して、神父を呼びます。臨終を迎えたら、神父は臨終の祈りを唱え、罪の赦しを与え、神の加護を願って祈ります。

2

ご安置、通夜・前夜式の準備

喪主、葬儀の形式を決め、神父と当社セレモニースタッフとの打ち合わせを行います。
ご遺体を安置したら神父の指示で十字架、復活のろうそく、生花、聖水等を飾ります。

3

納棺

臨終後は遺体を清め、死に化粧を施して着替えます。
納棺は通夜前に行うのが一般的で、神父にも来てもらいます。

4

通夜・前夜式の進行

キリスト教の通夜は、日本の風習に合わせて作られたもののため、しきたりや決まりは特にありません。 カトリックの通夜は「通夜の祈り」と呼ばれ、神父とともに祈りを捧げる儀式を行います。

5

葬儀・告別式の進行

カトリックの葬儀では、キリストによって故人を神に委ね、キリストの再臨と死者の復活を願い祈ります。 本来葬儀は故人が所属していた教会で行います。

6

出棺

神父が出棺の祈りを捧げ、遺族は故人との最後の対面を行い、棺の中に花を添えます。 遺族が棺を運び出し、ほかの参列者はこれに続きます。

7

火葬

火葬場では、神父の祈りに続いて参列者一同が最後の祈りを捧げ、火葬を行います。

8

食事会

一連の儀式が終了したら、食事会の宴席を設けます。宴席は喪主による感謝のあいさつで始まります。喪主はご出席の皆様にごあいさつに回り、1時間~1時間半経ったら、もう一度あいさつを行い終了します。(地域によって終了のあいさつがない場合もあります。)

葬儀の流れ

ご葬儀の流れ 一覧へ戻る

万一の事が起こったら

365日・24時間体制

深夜早朝でも、
お近くのアークベルセレモニーに
ご遠慮なくお電話ください。

※通話料無料

事前のご相談事前のご相談はこちら
供花のお申し込み
お急ぎの方
お急ぎの方

「もしも」の場合は、
24時間365日
承ります

深夜早朝でも、お近くのアークベルグループの
セレモニーにご遠慮なくお電話ください。

※通話料無料

新潟地区

(新潟セレモニー)

0120-414107

秋葉区・五泉地区

(新津セレモニー)

0120-941454

豊栄・阿賀野地区

(水原セレモニー)

0120-952985

新発田・胎内地区

(新発田セレモニー)

0120-945921

村上・県北地区

(村上セレモニー)

0120-945976

三条・燕・加茂地区

(三条セレモニー)

0120-981594

巻地区

(セレモニーホール巻)

0800-8888050

長岡・栃尾・見附・与板地区

(長岡セレモニー)

0120-090954

小千谷地区

(小千谷セレモニー)

0120-952785

柏崎地区

(柏崎セレモニー)

0120-982594

酒田・庄内地区

(酒田セレモニー)

0120-247633

鶴岡地区

(鶴岡セレモニー)

0120-975565

上越地区

(平安セレモニー(株))

0120-313543