一般的なご葬儀の流れ

葬儀は、聖書と祈りを中心に行います。
カトリックが儀式を尊重するのに比べ、
プロテスタントは個人の信仰を大切に考えます。
このため、儀式の自由度が高く、
形式にこだわらないという特徴があります。
プロテスタントは偶像崇拝を行わないため、
祭壇の飾りも花を飾るぐらいでシンプルです。
洗礼(教会への入会の儀式)を受けていない人でも葬儀が行えるのも特徴です。
なお、一般的に前夜式、葬儀・告別式で用いる
賛美歌や聖書の朗読個所は、
故人の愛唱賛美歌や愛唱聖書個所である場合が
多いため、 事前に尋ねておくと良いでしょう。

※ご葬儀の流れは所属する教会にご確認ください

キリスト教式 プロテスタントの場合

1

危篤・臨終

危篤時は、本当に近しい方や必要な方のみに連絡してください。
臨終を迎えらえた後、アークベルセレモニーへご連絡ください。365日24時間で対応をさせていただきます。

2

ご安置、通夜・前夜式の準備

喪主・葬儀の形式を決め、牧師と当社セレモニースタッフとの打ち合わせを行います。
ご遺体を安置したら牧師の指示で十字架、復活のろうそく、生花、聖水等を飾ります。

3

納棺

納棺の際には、牧師が立ち会い、「納棺式」を行います。 納棺式では、牧師が祈りを捧げ、遺族の手で遺体を棺に納めます。

4

通夜・前夜式の進行

「前夜式」は仏式の通夜にあたるもので、前夜式には特に決まりはありませんが、一般的に牧師を招いて行い、賛美歌の斉唱、聖書朗読が行われ、牧師が主に祈りを捧げます。

5

葬儀・告別式の進行

プロテスタントでは、故人は死後、天に召されて神のもとに安らかにいるという考え方があり、祈りは神のために捧げられます。 葬儀の際も故人の冥福を祈るのではなく、神への感謝と遺族を慰めるために行われます。

6

出棺

告別式の後、遺族は棺を覆っていた布を取り、棺を開けて最後の対面を行います。 この後、花を棺に入れて棺を閉め、遺族が棺を持って霊柩車に運び、火葬場へ向かいます。

7

火葬

火葬場では、牧師が聖書を朗読し、祈りを捧げます。 遺族も共に祈りを捧げ、賛美歌を斉唱します。最後に故人に別れを告げた後、火葬を行います。

8

食事会

一連の儀式が終了したら、食事会の宴席を設けます。宴席は喪主による感謝のあいさつで始まります。喪主はご出席の皆様にごあいさつに回り、1時間~1時間半経ったら、もう一度あいさつを行い終了します。(地域によって終了のあいさつがない場合もあります。)

葬儀の流れ

ご葬儀の流れ 一覧へ戻る

万一の事が起こったら

365日・24時間体制

深夜早朝でも、
お近くのアークベルセレモニーに
ご遠慮なくお電話ください。

※通話料無料

事前のご相談事前のご相談はこちら
供花のお申し込み
お急ぎの方
お急ぎの方

「もしも」の場合は、
24時間365日
承ります

深夜早朝でも、お近くのアークベルグループの
セレモニーにご遠慮なくお電話ください。

※通話料無料

新潟地区

(新潟セレモニー)

0120-414107

秋葉区・五泉地区

(新津セレモニー)

0120-941454

豊栄・阿賀野地区

(水原セレモニー)

0120-952985

新発田・胎内地区

(新発田セレモニー)

0120-945921

村上・県北地区

(村上セレモニー)

0120-945976

三条・燕・加茂地区

(三条セレモニー)

0120-981594

巻地区

(セレモニーホール巻)

0800-8888050

長岡・栃尾・見附・与板地区

(長岡セレモニー)

0120-090954

小千谷地区

(小千谷セレモニー)

0120-952785

柏崎地区

(柏崎セレモニー)

0120-982594

酒田・庄内地区

(酒田セレモニー)

0120-247633

鶴岡地区

(鶴岡セレモニー)

0120-975565

上越地区

(平安セレモニー(株))

0120-313543